競技を制した者に授与される勝利の証。時には記念楯、優勝カップ、チャンピオンフラッグとなって栄光と祝福を伴って授与されます。それは得る者にとっても贈る者にとっても、他では得難い大切な思い出、経験となるものです。得る者は自らへの大きな自信、強力な裏付けを伴ったノウハウ、更なる高みへと登ろうとする意欲と希望を得られるでしょう。贈る者は競技を盛り上げた者たちへの祝福と次なる企画へのモチベーションが、感動となって永遠に心に残るでしょう。しかし、トロフィーの用途は競技者たちに贈られることだけではありません。決して大きな大会での贈り物でなくとも、有名な賞の受賞を称えるものなどでなくともよいのです。身近な人に、普段の感謝を伝えたい時に添えることもできます。日ごろの努力を心から称えたい時に用いることもできます。その多様なニーズに応えられるように、様々な種類が存在しています。オーソドックスな細長い柱型、透き通ったクリスタルの楯、凝った意匠のデザインタイプ。心がこもっているのなら、手作りの金色の折り紙のメダルだって、立派なトロフィーです。それはあなたの気持ちを届けるものなのですから。あなたの感謝と祝福を形にして、トロフィーを贈ってみませんか。

競技者にとってのトロフィーとは

スポーツを打ち込んでいる多くの人にとって、自分の技量や強さなどを大会で証明したいとか、自分の力量を知りたいという思いを持つ人は多いのです。学生の部活動では各地で学校対抗や個人対抗の大会が行われており、市の大会から県の大会へ、そして全国大会へと進み、スポーツの種目によっては世界大会まで行われていたりしています。このような大会は学生だけでなく、社会人でも多くの種目で大会が行われていて、プロとしての様々な大会もあるのです。プロはその種目の戦いを通じて、観戦に来ている観客を楽しませている種目もあり、多くのスポーツ種目が広い世代で大会などによって優劣を競い合い、その結果に一喜一憂して、また感動を与えているのです。そのスポーツ種目の大会において、優秀な結果を残すとトロフィーやメダルなどがもらえるのです。このトロフィーやメダルは競技をしている者にとって憧れであり、またそれらを得ることが目標にもなっており、またそれらを獲得することができたら競技者として一生ものの思い出や自慢の話しになるのです。全国や世界を相手にする大きな大会から町の小さな大会までありますが、スポーツをしている競技者にとって、トロフィーやメダルは憧れなものなので、貴重な存在なのです。